研究室を選ぶ

 研究室を選ぶこと、すなわち指導教員を選ぶことはとても大切なことです。

 環境分野の先生だからと安易に決めることはお薦めできません。
 なぜならば、環境分野といっても幅広く、例えば「リサイクル研究」といってもいろいろなタイプの研究があります。技術研究もあれば制度研究もありますし、リサイクルする対象物も地域も様々です。指導教員がどのような研究を行ってきたか、その分野における第一線の研究者であるか、また可能であれば、今後の研究としてどのような方向性を考えているか、をきちんと知っておくことが望ましいです。


説明  つまり、あなたが「what(何;研究対象)」に興味を持っているかをまず理解し、そのwhatを的確に指導できる研究室を選ぶことが大切です。

 また、「How(どのように)」という研究手法・アプローチも重要です。

 実は、研究というのは、whatとhowの両方が揃ってはじめて成り立ちます。
 こういった環境問題の研究をしたいといっても、様々な研究アプローチがあります。教員が指導できる研究アプローチや手法には限界があります。第一線の研究であればなおさらです。また、教員によっても研究指導のスタイルが異なります。たとえ研究テーマが合致しても、あなたに合わない研究室で研究を進めても成果は上がらないでしょう。

 我々指導教員は国立環境研究所の研究者であり、第一線で研究活動をしている自負があります。テーマと研究手法が合致していれば、あなたの興味をもつ研究課題を的確に指導できるでしょう。
 ただし、そのためには、あなた自身が「自分で考える」というプロセスが不可欠です。指導教員とのゼミや議論は、その考えたことを一緒に確認するための機会です。論理的に考えられているか、抜けている視点はないか。このような、自ら考え、議論し、物事をまとめあげていく力は、研究だけでなく、他のことにも役立つ力だと考えています。当研究室で研究をする学生には、このような力を身に付けて、巣立っていただきたいと考えています。

 指導が難しい研究テーマや他の研究室・大学で研究を実施する方がよいと思われる場合には、その旨、率直にお伝えします。この研究室に無理に引き込むことは考えていません。よい環境研究者が増えることは日本にとっても、環境問題の解決にとっても意味のあることです。あなたが一番伸びるであろう研究室を進めることに何のためらいがあるでしょう。

要点:「what(研究対象)」と「How(研究手法・アプローチ)」の両方を考えて、研究室を選んでください。

(田崎智宏)