専攻長挨拶|環境システム学専攻 東京大学大学院新領域創成科学研究科

  • サイトマップ
  • English
東京大学大学院新領域創成科学研究科
東京大学

専攻長挨拶

環境システム学への誘い

環境システム学専攻 専攻長 松島 潤

生態系におけるエネルギーの獲得と流れは全体として興味深いシステムを形成しています。システムを構成する各生物個体はエネルギーの獲得と消費のバランスを最適化するために、自身の性能が最大限発揮できる環境を選択し、その環境に適合することに努めています。その過程において、環境に上手に適合できた種が生存し、そうでない種が絶滅するという、所謂自然淘汰が行われます。生態系全体におけるエネルギーの流れは速すぎず遅すぎず、エネルギー効率が最大になるように程良い流れを作り出していますが(道徳的な行動規範である「中庸」に通じるものがあります)、その流れを制御しているのが自然淘汰の仕組みであるとも考えられています。つまり、人間の世界で例えますと、各人が自分の強みを見いだし、その強みを活かせる環境において他の人と切磋琢磨することを通して、全体として効率の良いコミュニティ・社会を形成できるということでしょうか。

環境システム学専攻では、人間活動に伴う物質とエネルギーの流れ、および自然界における物質循環を把握し、それらの相互干渉を明らかにすることで環境システムを深く理解し、最終的には環境調和型社会の創成を目指しています。そのための手段として、システムを構成する各要素の性質を明らかにして、各要素間の連携メカニズムを解明するシステム的アプローチが重要になってきます。

昨今の世界情勢を見ますと、先端技術が先導してきた経済成長に少し翳りが見え始めてきました。とりわけ先進国では中間所得層が縮小し、格差が拡大するばかりでなく貧困化が顕在してきています。経済・社会のあり方は今後方向性を変えざるを得ない状況に直面することが予想されますが、現状それらの青写真は存在しません。このような状況の中、当専攻が標榜しております環境調和型社会創成への取り組みは今後その重要性を増していくものと思います。環境システム学を総合科学として確立し、次の新しい時代を切り拓く意欲のある方に是非当専攻に加わっていただきたいと思います。


2021年度 環境システム学専攻 専攻長
松島 潤


PAGE TOP