研究分野・教員一覧|環境システム学専攻 東京大学大学院新領域創成科学研究科

  • サイトマップ
  • English
東京大学大学院新領域創成科学研究科
東京大学
  • ホーム
  •  > 
  • 研究分野・教員一覧

教員一覧

戻る
環境リスク評価学分野
氏名
 秋月 信 助教
ふりかな
あきづき まこと
メールアドレス
研究室HP
http://www.oshimalab.k.u-tokyo.ac.jp/oshimatop.html
略歴
2008年3月 東京大学工学部化学システム工学科卒業
2010年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻修士課程修了
2013年3月 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻博士課程修了(博士(環境学))
2013年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻助教
教育活動
研究活動

超臨界を含む高温高圧状態の水が持つ特徴的な諸物性を活用した、化学反応制御やプロセス改良について研究を行っている。高温高圧水は、種々の新規環境調和型技術としての利用に期待が持たれており、特に有機合成反応場やリサイクル技術としての利用に着目した研究を進めている。


有機合成反応場としての利用に関しては、高温高圧水中の固体酸触媒反応に着目し、密度やイオン積といった水の物性が固体触媒の酸性質に与える影響の解明(文献1)や、工業的に有用なグリセリンからのアクロレイン合成について、触媒の酸・塩基性質が各反応の速度に与える影響の解明(文献2)を行っている。リサイクル技術に関しては、製鉄プロセス中の圧延工程で発生する含油鉄スラッジからの酸化鉄回収について、超臨界水中での酸化鉄と油分の相互作用に着目した検討を行っている(文献3)。


[文献]
1) Makoto Akizuki, Kengo Tomita, Yoshito Oshima, Kinetics of solid acid catalyzed 1-octene reactions with TiO2 in sub- and supercritical water, The Journal of Supercritical Fluids, 56 (2011) 14-20.
2) Makoto Akizuki, Yoshito Oshima, Kinetics of glycerol dehydration with WO3/TiO2 in supercritical water, Industrial & Engineering Chemistry Research, 51 (2012) 12253-12257.
3) 秋月 信, 大島 義人, 超臨界水を利用した製鉄圧延スラッジからの酸化鉄回収, 廃棄物資源循環学会論文誌, 23 (2012) 18-24.

その他
所属学会:化学工学会
将来設計

我々の生活を支える化学品の合成においては、より高効率で環境に優しい合成プロセスが求められており、このとき化学反応を行う「場」が果たす役割は非常に大きいと考えられる。今後は、超臨界流体の諸物性が化学反応に与える影響の解明とその反応制御への利用を含め、反応場の特徴を利用した新規な反応制御手法の開発を目指して研究を進めていきたい。

教員からのメッセージ

環境システム学専攻は、様々な専門分野の研究者の考え方に触れ、自由な考え方で研究を進めることが出来るすばらしい環境にあると思います。世界で一つの自分だけの研究を形作っていく面白さを、是非一緒に味わっていきたいと思います。

戻る

PAGE TOP