研究分野・教員一覧|環境システム学専攻 東京大学大学院新領域創成科学研究科

  • サイトマップ
  • English
東京大学大学院新領域創成科学研究科
東京大学
  • ホーム
  •  > 
  • 研究分野・教員一覧
  •  > 
  • 環境安全マネジメント学分野/Environmental Safety Management

環境安全マネジメント学分野/Environmental Safety Management

准教授 飯本 武志

 

「放射線」の環境はヒト・社会を含む環境システム全体に話題が展開する典型的な事例のひとつです。環境安全マネジメント学では「放射線(能)」「放射線防護」をキーワードとし、すべての放射線環境に関する安全やリスクマネジメント上の課題を自然科学研究と社会科学研究の両軸から追及していきます。具体的には、

① 放射線計測法や線量評価の手法の開発研究
② 放射線利用や放射性廃棄物の安全対策には欠かせない管理学的な研究
③ 身のまわりに存在する比較的高いレベルの自然放射能に関する安全研究
④ ヒト以外の生物種を対象とした環境放射線防護や環境アセスメントに関する研究
⑤ リスクマネジメントやリスクコミュニケーションに関する研究 等

の内容について、IAEA、国連科学委員会、ICRP等の国際動向や、我が国における規制科学上の論点やニーズに基づくタイムリーなテーマを選定します。


“Radiation environment” is one of the typical examples on environment system relating to both human and society. Our research field “Environmental Safety Management” covers all studies on safety and risk management, mainly in radiation environments. Keywords of the research are “radiation and radioactive materials” and “radiological protection. We pursue the studies from both viewpoints of natural science and social science.
Main research targets are;

1) Development of methods on radiation measurement and dosimetry
2) Study on safety measure for radiation application and management of radioactive waste materials
3) Study on natural radiation environments and naturally occurring radioactive materials
4) Study on environmental protection and environmental assessment on radiation
5) Study on risk management and risk communication, etc.

Our research themes are selected from timely discussion points and needs relating to activities of IAEA, UNSCEAR, ICRP and regulatory science in Japan.




PAGE TOP