Home

メニュー ENGLISH Facebook

東京大学 環境システム学専攻
トップページ > 専攻長挨拶

専攻長挨拶

環境システム学への誘い

コードのいらないワイヤレス給電、事故の心配がない自動運転の車、脳の信号によって思い通りに機械などを動かす脳ロボット・・。将来の我々の生活の中に登場するであろう次世代の技術が日々開発されています。これらの技術の実現には要素技術としての専門的な学問の発展と積み重ねが必要であることは論を待ちません。伝統的科学の発展は人類の持つ知識を飛躍的に増大させましたが、一方で我々の社会を最大限に豊かにするだけの十分な本当の価値を生み出すためには、細分化されて断片化した専門的知識を融合し、新しい価値を創造することが必要です。

現在我々が直面している様々な環境問題の解決においても同様です。環境問題の解決に必要な要素技術を活用するだけでなく、それらを統合化する技術の提案や社会実装する方法論の確立が求められます。そしてこのことを実現するためには、自らの研究を専門的に深化させながらも、環境問題の解決という目的を常に意識し、学問全体を俯瞰して自らの研究の位置づけを把握できるT字型人材の育成が必要です。

環境システム学専攻で扱っている研究テーマは極めて幅広く、工学、経済学、生態学、安全学等の様々な専門分野をバックグランドにしている教員による研究教育がおこなわれています。学生の出身も多様で、工学、理学だけでなくさまざまな分野(学部)から学生が集まっています。環境システム学専攻のもつこのような多様性は、環境問題を解決するための研究を社会的に実装しさらに問題の解決まで進化させる上で、最適な研究・教育環境を提供する強い駆動力となり、実際にそれらは例えば異なる分野の研究室の合同セミナーや異分野間の共同研究などの積極的な研究交流の形で実現しています。

環境システム学専攻では、持続可能な社会の実現に向けて次世代を担う皆さんに確固たる技術力、分析力、判断力、俯瞰的視点を養成すべく、精力的に教育にあたっています。基礎科目、応用科目、フィールド実習科目からなる講義体系により、スムースに研究活動に入り込める教育カリキュラムを用意しています。意欲を持った学生の皆さんのチャレンジを心から待っています。

環境システム学専攻 専攻長 吉田 好邦

2015年度 環境システム学専攻 専攻長

吉田 好邦



専攻概要 研究分野 教員一覧 カリキュラム
卒業生の声 入試情報 キャンパスライフ アクセス

新着情報

東京大学 東京大学 新領域創成科学研究科

環境安全研究センター(柏キャンパス) 独立行政法人 国立環境研究所

Page Top 

内部専用

Copyright© 東京大学 環境システム学専攻