Home

メニュー ENGLISH Facebook

東京大学 環境システム学専攻
トップページ > 教員一覧

教員一覧

水野 勝紀 助教

海洋環境システム学分野

 

ふりかな

みずの かつのり

メールアドレス

研究室HP

略歴

2006年3月 同志社大学工学部電子工学科 卒業
2008年3月 同志社大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了
2008年4月~2012年2月  パナソニック株式会社
2012年3月 同志社大学大学院生命医科学研究科生命医科学専攻博士課程修了(一ヵ年短縮)(博士(工学))
2012年4月 東京大学生産技術研究所海中工学国際研究センター特任助教
2012年4月~2017年3月 同志社大学波動エレクトロニクス研究センター嘱託研究員
2014年4月 東京大学生産技術研究所海洋探査システム連携研究センター特任助教
2016年4月 東京大学生産技術研究所海中観測実装工学研究センター特任助教
2017年8月 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻助教

教育活動

研究活動

 地表の約7割を覆う海や川、湖沼などの「水圏」と「人間」が相互に及ぼし合う影響の把握を目的として、陸上で生活を営む我々が普段取得し難い水圏情報を効率的、定量的に得るための新しい水圏環境計測技術を開発している。主なテーマは以下のものである。
 
1.高分解能音響ビデオカメラを用いた魚類の分類、底生生物の行動解析、沈水植物の分布把握方法を開発(文献1)
2.水底下に生息する二枚貝や植物根の分布を把握するための3次元音響精密計測システムを開発(文献2)
3.海底下の鉱物資源探査に向けた、海中ロボット搭載用の非線形音響計測システムと数値計算手法を開発(文献3)
4.光学カメラを利用する、簡易で効率的な藻場分布とジュゴンの食み跡定量評価システムの開発(文献4)
 
[文献]
1) K. Mizuno, K. Abukawa, T. Kashima, A. Asada, Y. Fujimoto, and T. Shimada “Assessing the biological process of Hydrilla verticillata predation in a eutrophic pond using high-resolution acoustic imaging sonar” Limnology, 17(1), pp. 13-21, 2016
2) K. Mizuno, X. Liu, F. Katase, A. Asada, M. Murakoshi, Y. Yagita, Y. Fujimoto, T. Shimada, and Y. Watanabe “Automatic non-destructive three-dimensional acoustic coring system for in situ detection of aquatic plant root under the water bottom” Case Studies in Nondestructive Testing and Evaluation, vol. 5, pp. 1-8, DOI information: 10.1016/j.csndt.2016.01.001, 2016
3) K. Mizuno, A. Asada, F. Katase, K. Nagahashi, T. Ura, T. Haraguchi, “Development of the Parametric Sub-Bottom Profiler for Autonomous Underwater Vehicles and the Application of Continuous Wavelet Transform for Sediment Layer Detections” J. Marine Acoust. Soc. Jpn., vol. 43, no. 4, pp. 233-248, 2016
4) K. Mizuno, A. Asada, Y. Matsumoto, K. Sugimoto, T. Fujii, M. Yamamuro, M. D. Fortes, M. Sarceda, L. A. Jimenez, “A simple and efficient method for making a high-resolution seagrass map and quantification of dugong feeding trail distribution: a field test at Mayo Bay, Philippines.” Ecological Informatics, vol. 38, pp. 89-94, 2017

その他

海洋音響学会、海洋調査技術学会、IEEE/OES、日本陸水学会、日本水産学会、各会員
海洋音響学会 評議員(2017~)、IEEE/OES Japan Chapter Young Researcher Award 選考委員(2017~)、OCEANS’18 MTS/IEEE Kobe/ Techno-Ocean2018, Technical Program Committee委員(2017~2018)

将来計画

開発を進めてきた水中音響計測技術などの要素技術を深化させるとともに、より時空間スケールの大きな水圏環境変動を議論、予測するため、「センシングとモデリングの相互補完技術」の高度化を図り、新しい水圏環境計測評価システムを構築する。特に、東南アジア域におけるリゾート開発・プラント建設や、国内で進められる資源・エネルギー開発などが海草藻場やサンゴ群落、海洋生物へ与える影響について計測、評価、予測、議論していきたい。また、国や地域、セクションの垣根を越えた連携研究を推進し、行政や民間を巻き込む産学官の有機的なネットワーク作りを進め、人と自然が織りなす社会が歩むべき全体最適な道を探求する。

教員からのメッセージ

国際化が進み、情報に溢れた現在、柔軟な考え方や広い視野、お互いの多様性を認め合うための寛容な心が必要不可欠だと日々感じています。環境システム学専攻において、様々な専門性を有する研究者から刺激を受け、自然という無限の可能性を秘めた研究題材を通じ、国際社会で活躍する健康的な人材へと成長されることを期待します。



専攻概要 研究分野 教員一覧 カリキュラム
卒業生の声 入試情報 キャンパスライフ アクセス

新着情報

東京大学 東京大学 新領域創成科学研究科

環境安全研究センター(柏キャンパス) 独立行政法人 国立環境研究所

Page Top 

内部専用

Copyright© 東京大学 環境システム学専攻