Home

メニュー ENGLISH Facebook

東京大学 環境システム学専攻
トップページ > 研究分野

研究分野

大気環境システム学分野

教授 戸野倉 賢一

 

大気環境の問題は、化学反応・気候・物質輸送が相互に関係している。本研究室では、環境負荷低減する方策を検討するために必要な大気化学反応の解明に取り組んでいる。これらの研究は、成層圏・対流圏における均一反応の新しい解釈はもちろんのこと、新燃料時代におけるそれら新燃料が大気環境に及ぼす影響予測に必要である。具体的には、都市型環境汚染に関して発生源からの微量気体の拡散過程やエアロゾル組成の研究、酸性雨、環境ホルモン、ダイオキシンや代替フロンなどの新しい汚染物質が原因となる大気環境影響に関する研究を行っている。さらに、温室効果ガス等の大気微量物質やエアロゾルの高感度 計測手法の開発を行い、開発装置を用いた大気環境モニタリングを実施し、大気環境システムについての総合的な研究を進めている。



  • 大気エアロゾル組成解析
  • 温室効果ガスの環境動態解析
  • 大気微量成分気体の高感度計測に基づく環境動態解析
  • 都市大気化学反応の解明
  • 対流圏ハロゲン、HOXサイクルの解明
  • 新規自動車排気ガス計測手法の開発 





専攻概要 研究分野 教員一覧 カリキュラム
卒業生の声 入試情報 キャンパスライフ アクセス

新着情報

東京大学 東京大学 新領域創成科学研究科

環境安全研究センター(柏キャンパス) 独立行政法人 国立環境研究所

Page Top 

内部専用

Copyright© 東京大学 環境システム学専攻