Home

メニュー ENGLISH Facebook

東京大学 環境システム学専攻
トップページ > 研究分野

研究分野

環境システム情報学分野

教授  吉田 好邦

 

環境問題、主に地球温暖化問題を対象として、特にエネルギーの生産・利用・消費の側面からの各種対策の提案ならびに評価を行う。具体的には、以下のような研究がある。


(1)環境経済学に基づきCVMやコンジョイント分析等をツールとして、消費者の効用を分析することにより選好をモデル化し、技術、政策の受容可能性を定量化する研究
(2)応用一般均衡モデルによるシミュレーション、エネルギーシステムのモデル化・最適化等による、各種環境政策の影響分析
(3)ライフサイクルアセスメントに基づいた環境ラベリングによる消費者の選好・消費行動の変化についての分析


  • 消費選好のモデル化による環境政策の提案
  • CVM・コンジョイント分析による環境価値の計測
  • 応用一般均衡モデルによる環境政策の影響分析
  • エネルギーシステムのモデル化・最適化





専攻概要 研究分野 教員一覧 カリキュラム
卒業生の声 入試情報 キャンパスライフ アクセス

新着情報

東京大学 東京大学 新領域創成科学研究科

環境安全研究センター(柏キャンパス) 独立行政法人 国立環境研究所

Page Top 

内部専用

Copyright© 東京大学 環境システム学専攻